複数プレイのコツ その3 | SEXのコツとテクニック

複数プレイのコツ その3

3Pでの男性の位置取りについて

 

【ポジショニング(位置取り)】
男性2人女性1人の3Pの場合、男性のうち
「挿入している人」がメイン(主役)
「挿入していない人」がサブ(脇役)

です。一定の時間で役割を交代しますから、自分がメインの時もサブの時もあります。メインの男性 女性 サブの男性 この位置関係(ポジショニング)も大切です。自分がメインの時まず「女性をベッドの下の方に誘導すること」これは、サブの男性の居場所を作るためです。女性の体がベッドの上の方にあると、サブの男性の居場所がなくなります。横や足元にしか居場所がないと、参加者から傍観者に・・・これは、前項目の「1+1=1」状態です。女性の頭の上にサブの男性が居るための充分なスペースを取りましょう。ベッドの下の端ぎりぎりまで女性の体を下げて、ちょうどいいです。また、初心者ほどプレイ中に女性がどんどん上にずれていきますので、サブの男性が女性とベッドの上部に挟まれて追い詰められていたら、下に位置を戻しましょう。次に「正常位で抱きつかないこと」女性から密着プレイのリクエストがある場合は良いのですが、メインの男性が自分からベターと抱きつくプレイは3Pでは控えた方が良いと思います。サブの男性が胸・髪・耳・首を撫でることができるよう、上半身は起こした状態が基本姿勢です。これは、サブの男性のためだけでなく、女性のためでもあります。抱きついた状態では、角度調整がかなり難しいので、女性が気持ち良くならないかも。メインの男性は女性を気持ち良くすることが主任務ですが、チームプレイですから5%ぐらいは意識をサブの男性にも向けてあげてください。2分毎に5秒でいいですから、サブの男性が窮屈でないか、参加できているかを確認しましょう。自分がサブの時まず「メインの男性の体に触れないこと」男性もOKの両刀でない限り、男性と体が触れると違和感で中折れすることが。(ベテランは大丈夫ですが。2本刺しは玉袋同士が思い切り触れ合いますので)メインの男性は、女性とつながっているため、敏捷には動けません。体が触れそうになったら、さっと位置をずらしましょう。回避義務はサブの男性にあります。女性には触れているけど、男性には触れないということで。次に「メインの男性の視界を遮らない」上半身を起こして正常位をしている時に、サブの男性が胸を舐めに来たら・・・メインの男性の顔直下30cm、至近距離に男性の後頭部が出現します。これも、ベテランならどうってことは無いですが、初心者の場合は中折れ確定です。フェラ好きな女性の場合は、お口にも欲しいとリクエストがありますが、この時にひざ立ちの体制で舐めてもらうと、メインの男性の視界に大きく男性の上半身が入ります。また、ベッドに上半身を起こして座るのも、視界を遮ることになります。常に横になって、なるべく低い位置をキープするようにすると、邪魔になりません。サブの男性の意識配分は、女性70% メインの男性30% 自分も参加しつつ、メインの男性の動きに注意して、妨害しないように注意しましょう。「自分が(初心者のころに)、されたらヤダな」と感じることはしないこと。3Pでは、自分がメインになる時にあれば、サブになる時もあります。相手の立場に立つこと。男性同士の「思いやり」と「譲り合い」が成功の鍵です。プレジャー設立初期の頃は、ポジショニングを1人1人丁寧に教えていませんでした。ある日、初心者ペアが「川の字」状態。そのうち、1人が元気になって挿入しました。「うぉー!」と挿入したメイン男性が叫んでるので、何かと思ったら・・・サブの男性の半立ちのちんちんが、メインの男性の太ももに、ベタッと乗ってました。自分の太ももを指さして「おい、ちんちん、ちんちん」と、メインの男性は大騒ぎ(しょーもない)メインの男性は挿入前に女性の体を下にずらせばいいし、サブの男性はメインの男性の動きを見て避ければいいのに。これは、どっちもどっちですね。現在はキチンと教えているので、こういう事故はありませんです。

 

元ネタ 複数プレイのコツ(その3)


複数プレイのコツ その3 | SEXのコツとテクニック関連ページ

複数プレイのコツ その1
SEXのコツとテクニック 複数プレイ 男性がいると、不能のなるのは普通
複数プレイのコツ その2
SEXのコツとテクニック 複数プレイ 男性同士のチームワークが重要。1+1=3に
複数プレイのコツ その4
SEXのコツとテクニック 複数プレイ 重要スキル【しょぼいモノでの挿入】の解説。

 
女性の方へ 無料マッサージ BBS ブログ LINK SEXのコツとテクニック 男性の方へ